革職人eiの「暮らす」を楽しむ日記。
ひきこもりさん時々かふぇ
展示会やイベントの製作の合間、最中、終わってから・・・かふぇ時々かふぇ。
京都ではお馴染みさん。
でもオススメ。

cafe marble さん

「展示会のDM置いてくださーい」のお願いのついでにちょっと休憩。
キッシュが美味いんだ。

kitone さん

絶対おひとり様オススメ。
作品のデザインや構成をもんもんと考えたりやなんや。。
器を中心に作家さんの調度品が店内に。
あたしはガラスコップget◎


つばめ さん

展示会中。お久しぶりの友人が訪ねてきてくれたー。
積もる話もあることだし、ごはん食べましょー。

恵文社さん近くのコーヒーと定食の小さなお店。


かもがわカフェ

展示会も終わってほっと一息な時期。
Hedgehogさん(1階)に用事あり。
そのカフェは2階に。

窓際陣取る。自家焙煎珈琲と風が気持ちいい。
何でもない景色なんだけどどこか遠くに来た気分になるんだよ。


とまぁ、制作ひきこもりさん時々かふぇな感じで良しとしましょう◎
京都うろうろがてらお立ち寄りくださいまし。
23:34 comments(0)
Cafe Bibliotic Hello !

久々、Cafe Bibliotic Hello ! へ。



建物、照明、ごはん、食器、全てがマッチしていて
何ともゆるい空気感がgood!なカフェ。

良い時間過ごせました☆

続きを読む >>
06:39 comments(3)
ボーリング

ボーリング!



久しぶりに行ったけど・・・やっぱり面白いなぁ〜ボーリング!
私は下手な部類の人なんだけど(笑)・・・やっぱり楽しいなぁ〜ボーリング!

あの、みんなで一喜一憂する感じが何とも言えない☆
今年ははまりそう。。

07:25 comments(0)
今年最後のお茶のお稽古
月に一度のお茶のお稽古。
そして今日が今年最後のお茶のお稽古。 



棚には桃色の椿(季節の花)と四君子(蘭・竹・梅・菊の四つの柄を配した模様)のお棗。
炉には釜。

季節毎に使用される道具や使用、風景は異なりますが、
今月、この空間には師走の季節感が十分におもてなしされています。
「お稽古している時間だけは全ての邪念などを忘れてお茶の空気を楽しみなさい。」
そう、先生はいつもおっしゃられます。
そう。この空気感には助けられましたぁ〜

今年一年も無事に、この場所でお稽古をさせて頂き楽しみ終えることが出来ました。
(7年やってますがうまくなったかな・・・?)
茶道には、お作法だけでなく、日本の季節感とあらゆる芸術を盛り込んだ究極の美!
年々、お茶の面白さが増し、奥深さも少しずつ理解でき、
もっともっとうまくなりたいなぁ〜と思う今日この頃。

1月は早々に初釜・・・!
来年も更にお茶を通して自分磨きをし、
少しでも自分の暮らしや革のカバンや小物作りに生かしていけたらなぁ〜と
思って意気込んでおりますよ♪

2012年もよろしく!茶室!先生!お稽古の仲間たち!
21:43 comments(0)
「清水焼の郷まつり」と「お粥」

清水焼の郷まつり」に行ってきました。

最終日、終了1時間前。
知人の陶芸作家が何人か出展していたので、作品と作家に会いに。
あと、去年から“急須”を探していたので、良い“急須”に出会えればと。
思ったことは、「生活=陶器」であること。
陶器(食器など、土で焼かれたもの)は、人の暮らしにすごく密着した存在なんだと。
それは日本人に限らず。

結局、今回はピンとくる急須には出会えませんでした。
こだわり屋の私は妥協せず根気よく探し続けたいと思います。

続きを読む >>
23:00 comments(0)
モノレール文庫

今日、大阪モノレールを利用しました。
南茨木駅には「モノレール文庫」というスペースがありました。

本の貸し出しや返却の手続きがなく、気に入った本を、
自由に何冊でも借りることができるシステム。
不要となった本などを持っていけば文庫の一冊に。
利用者と大阪モノレールとで共同運営する図書館なんだと。
文庫の奥には読書できるスペースもあり。

場所の空間使いとエコがうまくマッチングしている
良いシステムだなぁ・・・。

22:07 comments(0)
CAFE HERON
CAFE HERON」でフレンチローストブレンド(深入りブレンド)を頂きました。

 

昨日、映画「イブ・サンローラン」を観に行った際、
上映までに時間があったので二条界隈を散策中立ち寄ったカフェ。

エントランスはコンクリート打ちっぱなしだけど、
一歩入ると、シンプルであたたかい店内。
古ぼけたような木のテーブルと椅子。
暗すぎず明るすぎず良い案配の照明。
邪魔しない音楽。
でしゃばらないデザイン、iittalaのコーヒーカップ&ソーサー。

私が理想とするインテリアの選び方と使いこなし方、場の作り方が
そのままあった感じでドストライクでした。
空気感が参考になる、そしてまた行きたくなるカフェ・・・みっけ。
22:58 comments(0)